HOME > 安心の家づくり > 2×4工法

安心の家づくり

テクノ・ハウス中央がたてる家は、安心の2×4(ツーバイフォー)工法

2×4とは・・・
2インチ×4インチの規格部材を基本に住宅を建てる工法のことです。 枠組部材に構造用合板を張り付けた「パネル」で床・壁・屋根を「面」として作っていきます。合理的でシステマチックな工法だから、高品質・高性能が保てます。また、手すりなどの壁への取り付けは、場所を選ばず自由に設置が可能です。

「面構造」と「木材」からなる強固な家

■耐震性

床・壁・屋根が一体となった六面体で支えるモノコック構造だから、地震の揺れを面全体で受け止めて力を分散・吸収し、荷重が一部分に集中することを防ぐため、地震に対して抜群の強さを発揮します。阪神・淡路大震災や新潟県中越地震でもその強さが証明されました。

■耐火性

550℃を超えると急速に柔らかくなって変形し、強度が大幅に低下する「鉄」に比べ「木」は、いったん燃えても、木の内部まで火が進行せず強度が低下しにくい性質をもっています。また、ファイヤーストップ構造により空気の流れを遮断し、火が燃え広がるのを防ぎ、2重3重の防火機能により、初期消火の可能性が高く、被害を最小限に抑える構造となっています。

■耐風性

台風以上に強烈なハリケーンが襲う北米で生まれた2×4工法だから、強風に対して構造的に優れた強度を備えています。その一つが「ハリケーンタイ」と呼ばれる、あおり止め金具です。金具1個で風速70mにも耐えれる強度があり、屋根が吹き飛ばされないように屋根のたる木と構造壁をしっかり連結しています。

 

■耐久性

構造用製材には乾燥材を使用することはもちろんのこと、土壌に防腐・防蟻剤を、地盤面には防湿シートを敷き込み、水蒸気をシャットアウト。さらに湿気がこもらないように換気口を設けています。土台にも防腐・防蟻処理をするなど、二重三重の対策を施しています。その他にも湿気を構造躯体に入れない工夫を施し、永く暮らせる丈夫な住まいを実現します。

 

気密性の高い家

■遮音性

密閉性が高く、音の出入りを抑えるため優れた遮音効果を発揮します。また、遮音効果の高い石こうボードを貼り、上下階の振動伝達を防ぎます。天井裏にはロックウールなどの材料を挿入し、吸音効果を高めています。

環境に優しい家

■省エネルギー

面構造により優れた断熱性・気密性をもち、さらにそれを高める技術が投入されている2×4工法は“省エネルギー住宅”といえます。気密性の高い断熱性能省エネルギー等級は最高等級で、ランニングコストが削減できます。

■制震装置「aダンパーExⅡ」

東南海地震警戒地区でNO.1の信頼と実績を誇り、振動計測器メーカーが開発した画期的な制震装置。約7,000棟の採用実績で従来工法の30~50%の低減率を実現。地震の揺れを効果的に吸収することにより、住まい全体を柔軟に守ります。

自由デザインの家

■自由設計

柱の位置に制限されない面を基本とした構造だから高い自由度があり、柱のない広々空間や、1・2階の吹抜け、ロフトを設けたり、自由な発想でイメージ通りの住まいが実現できます。また、家族の成長やライフスタイルに合わせ、将来の増改築にもフレキシブルに対応できます。

■高品質で優遇される家

省令準耐火構造・・・火災保険料が通常木造住宅の約半分になります。
省エネルギー対策等級 最高等級4・・・金利の優遇処置が受けられます。

TDホームモデル例 数点のパースを掲載
  • TDホーム松阪 テクノ・ハウス中央
  • 取扱い物件情報
  • 仲介物件
  • アットホーム加盟店
  • お客様の声